ドルフィンの意識とわくわくとつながる。

I put translation in English  so please check it out this video down below:) I had an interviewed  with Yurika who lives in Hawaii and she has been exploring and swimming with dolphins over 30 years.”How to connect with dolphin consciousness and to be connect with our higher self.”  You can receive her message on this video:)

今回はハワイに在住の野崎ゆりかさんとネットでつながって中継でインタビューさせていただきました。今回はゆりかさんの新しいプロジェクト

「The Pod」はじめ、ドルフィンの意識となぜ今私たちはつながる必要があるのかなど、深いテーマでドルフィンメディテーションなどまじえながらシェアしていただきました。

私が19歳の頃、カナダに留学していた夏休み、ハワイへカナダ人の友達と野生イルカを探しに旅にでかけました。そこでドルフィンがいるビーチが郊外にあると聞き、当時ドルフィンキャンプをやっている女性にボランティアをさせていただきたいといって、通訳や雑用の仕事をしながら毎日ドルフィンと泳ぎ三昧な日々を過ごしていました。

そんなある日、そこのキャンプに日本人を15人くらい連れてやってきた女性がいました。彼女が野崎ゆりかさんです。彼女は電通の国際事業部で活躍していた経験の持ち主で、バリバリキャリアウーマンだったわけですが、ドルフィンと泳ぐ魅力にひかれてどんどんその世界にのめりこんでいくうちに、その道の先駆者として本を11冊も書いたりとハワイへ永住権もとり、移住までしてしまいました。

そんなゆりかさんは何十年も野生ドルフィンと泳ぎながら、さまざまな気づきや学びを体験し、「意識の進化」という地球にとってとても大きなターニングポイントを迎えているこの時代に丘イルカ的存在として私たちにメッセージを発信してくださっています。

なぜドルフィンの意識とつながる必要があるのか?

今年は、ハワイ島でも火山が大爆発して地元の家がたくさん溶岩に飲み込まれてしまったり、日本も地震や洪水や台風などの災害でいろんな被害があったり大変でした。

「こういう揺れる時代だからこそ、ふわついていないで、しっかりと自分のエネルギーを心の中心に根をおろして、地球とつながる必要があります」と彼女は言っています。

ドルフィンの持つ「愛」「調和」「相手を思いやる」などの彼らの習性や生き方から私たち人間も改めて学んで、それをこの生活の中で実践していく必要があるのではないかということで、「The Pod 」というコミュニティーを彼女は最近立ち上げたそうです。


「この場所ではみんなが自由にそれぞれの表現を楽しみ、イルカのようなわくわくと、喜びにみちた気持ちをみんなで分かち合って、そして違いに精神的にも成長していける仲間を広げていこうとおもっています」という彼女の願いがスタートします。

京都では2018年11月22日京都で行われます。詳細はこちらからどうぞ。私も行きますのでみなさまにお会いできるのも楽しみにしています。

 

Leave a Reply

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.