これからの私たちはどう生きればいいのか?

今回はエハンデラヴィさんと愛知ソニアさんのお宅に招かれて、独占インタビューをさせていただけることになりました。彼らはアイルランドのワークショップのため旅の直前でしたが、心よくインタビューにお答えしてくださいました。彼らとは私が10代の頃からお世話になっていて、彼らの娘さんと私は親友で、カナダのビクトリアで生活していたときから、彼女と野生のドルフィンに会いにハワイへ旅をしたり、家族のように楽しい時間を過ごさせていただきました。

さて、今回は彼らの最新の本、パワーかフォースか、Why on Earthの出版にあたって、その本の内容もまじえて「これからの時代私たちはどう生きていけばいいか?」というテーマでインタビューさせていただきました。
動画をご覧ください。

スポンサードリンク

動画でもお話されているように、私たちの意識は1から1000の指数で測ることができ、これからの時代、いかに意識の指数を高めていくことが重要かがこの本でもわかります。
恐れや心配、悲しみといった、意識の指数は波動が低く、その波動の振動数はそれに見合った現実を引き寄せてしまいます。

意識のあり方、現実の捉え方によって、この日常生活はまったく違う景色に見えてきます。
たとえ、状況が大変なことになっていたとしても、「これをチャンスだ」と感じる人と、「もうお先まっくらだ」と感じる人とでは、まったく意識レベルがかわり、次なる行動や選択する道、流れの展開がまったく変わってきます。

この本はお医者さんにもけっこう読まれているそうです。意識という目に見えないものをより具体的に現実レベルに落とし込んでわかりやすく伝えてくれている本だと思います。

この2冊の本はエハンデラヴィさんと愛知ソニアさんが翻訳されたホーキンズ博士の本です。左の改訂版はAmazonでも1位になり、おすすめです。左の本はこちらから、右の本はこちらからAmazonでお買い求めいただけます。

ぜひお読みいただけたらと思います。

大地に足をつける「アーシング」の時代

エハンさんは、アイスランドを裸足+アーシングシューズで縦断するというけっこうチャレンジな命の旅にでかけられ、大自然に畏敬の念を感じずにはおれないような、数々のすごい体験をされました。

この本はとても読みやすくて、一緒に旅をしているかのような気持ちにさせてくれます。

アスファルトの上を歩く現代の私たちにとって、大地とつながることを忘れかけている私たちがもう一度原点に立ち戻って、大地の中心軸へとつながることによって私たちの魂の中心軸としっかりつながってこれからの時代を生きていくことがいかに大切かということを教えてくれています。

ぜひ読んでいただきたい1冊です。こちらからお買い求めいただけます。

これからの時代を乗り越える3つの方法

先日の西日本の地震、洪水などの災害をはじめ、ハワイ島の火山噴火も止まらず、ノルウェーやギリシャでの火災、世界中で起きているさまざまな出来事を取り上げたらきりがありませんが、こんな不安定な時代だからこそ、何が起きてもおかしくない時代だからこそ、以下の3つをしっかりとココロにとめて、人生を前進していきたいものです。 

1)感謝の心で波動を上げる

意識を高めることは、波動を上げることでもあります。波動を上げるためには、栄養のバランスのとれた食生活をこころがけ、適度な運動や瞑想をして、ココロ、カラダ、タマシイをバランスさせることがとてもたいせつです。そして一番波動を強力にあげる方法は毎日の感謝の心です。
こちらの動画も参考に、日々の生活の質や波動を高めていただければと思います。

2)目に見えない存在(サムシンググレイト)とつながる

「神」という言葉はオウム真理教のイメージとか新興宗教とかで毛嫌いする人もいるかと思います。なので、呼び方はなんでもいいと思います。宇宙の源(ソース)と読んでもいいですし、サムシンググレイト(偉大なる存在)、大宇宙のエネルギー、創造主、ハイヤーソース、大自然の力、自分にとって納得いく呼び方でいいと思います。

私たちは目に見えないの大きな力の中で生かされているんだという意識を忘れないこと。そして守護霊さまやご先祖様、目に見えないスピリットなど、私たちの知らないところで常に導いてくださるガイドのような存在がいることへの感謝の気持ちを持ち続け、自分の我の力ですべてのことを成し遂げようと思わないことが大切です。宇宙の根元とつながる動画はこちらをご参加にしていただければと思います。

3)祈り(アファメーション)

祈りは言霊。言葉に出すことで、言葉から出た音、色、周波数が空気を伝わってあらゆるものに振動として伝わっていきます。目には見えませんが、言葉の力ははかりしれません。
みんなで声を出して行進していたら、ジェリコの壁が崩れ落ちたという昔の実話がありますように、声のパワーは一人はもちろん、たくさんの人が集まって声を出せば、壁画をも壊すくらいの巨大なパワーを持っているということです。

私たちのこころのあり方、言葉の使い方も、吐き出す前に心を整えてから相手に伝えるようにすると、トラブルも少なくなり、より人間関係が円滑に、物事もスムーズに流れていくことでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Leave a Reply

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.