運命好転の感謝の言霊

波動最強の言葉「ありがとうございます」

感謝のバイブレーションは波動の中でも最も高い周波数だと言われています。そして私たちはDNAレベルで、そして魂の記憶として感謝の言葉を唱えることであらゆる状況を好転させることができるということを潜在意識レベルで知っているのかもしれません。

この現実の中ではさまざまなことが起こります。そしていろんな雑事に追われていると、すべてのことがあたりまえで当然のことと思うようになってしまい、いつしか感謝を忘れて不平不満がにょっきりと顔をのぞかせはじめます。

不平不満の低いバイブレーションは同類同通の法則で、どんどんそういった低いバイブレーションのものを人生に呼び込んでしまいます。けれども、いつも感謝の気持ちを持っていたとしても、魂の成長のための学びとして”試練”という形で受け取らなければならない時も人生にはあったりします。この世の中は陰陽のバランスで成り立っているので、いいこともあれば悪いコトもあります、けれども、そういう現象的な状況がたとえ大変な状態であったとしても、受け取り方次第、こころのあり方次第で良くも、悪くもどちらの方向へも人生の流れを捻じ曲げることができます。そしてそのこころのあり方を魂の中心軸へと戻してくれ、あらゆる困難な状況を劇的に変えてくれる最強のことば。それが「ありがとうございます」の言霊なのです。

スポンサードリンク

感謝の言葉で人生が好転する理由

では感謝の言葉「ありがとうございます」がなぜ人生を好転させるのでしょうか。

私はハワイ島に3ヶ月滞在したことがあり、その時に偶然にあるシアターで「水からの伝言」の著者、(故)江本勝先生と奥様にお会いしてお話するチャンスにめぐまれました。

先生の本は言葉の力で「ありがとう」「ばかやろう」と水に伝えるとどのように変化するのかを結晶で目に見える形で証明してくださり、世界中でこの本は爆発的に売れたのでした。

当時、先生は海外での公演活動で忙しくご活躍されており、ハワイ島の地元の人たちの間でもじわじわと彼の本の噂が広まりつつありました。

「先生の本読ませていただきました。本当に素晴らしい本で、海外の方はどういう反応されているんでしょうか」と尋ねると、

「それがね〜。海外ではとくに、この研究成果に対する意見が二つに分かれていて正直困ってるんだよね〜。笑」と笑いながらおっしゃっていたのが印象的です。

科学者や目に見えないものを信じない人にとって、この結晶の事実をすんなりと受け入れることはできないという人たちと、素晴らしい!言葉の力ってすごいんだ〜!と感じる人の両極に分かれていたというわけです。当時は大変だったみたいですが、結果的に先生の本は全世界の人々のこころにインパクトを与えた出来事になりました。

先生の結晶の本では、ありがとうの言葉がいかに私たちの細胞レベルに波動として影響を及ぼしているかを教えてくれたものでした。

このことでもわかるように、私たちの言葉は何気なくつかっているわけですが、空気の振動に乗ってあらゆるものを結びつけたり、破壊したりしていく作用があるのです。

感謝の言葉を唱え続けたら、末期ガンだった人が治ったとか、数千万円の借金をかかえた人が返済できて、人生が好転したとか、奇跡が起こったという実話はいろいろ世界中であります。
そこまで極端な状況でなかったとしても、日々の生活でいつも感謝の気持ちを言葉や、行動であらわすことによって、あなたの人生はとても快適で心地のよいものへとなっていくことは間違いありません。

江本先生の本はこちらから購入できます。

Dr Masaru Emoto showed us how the influence of our thoughts, words and feelings on molecules of water can positively impact the earth and our personal health.Please check it out.

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Leave a Reply

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.