災害時に心を落ち着ける方法。

(English page is coming up soon)

先日の大阪北部の地震で被害に遭われた方々、謹んで心よりお見舞い申し上げます。まだ不安な気持ちで過ごされている方もたくさんいらっしゃるかと思います。私も近いエリアにおりましたので、カラダに強い振動を感じました。私自身も実際そういう体験ははじめてだったので、不安になりましたし、その状況にいた方々はほとんど一緒の心境だったと思います。

ハワイ島の噴火やグアテマラの噴火、地球が活動期に入ってると言ってる方もいらっしゃいます。

災害は起きてほしくないことですが、人間が自然を破壊ばかりしたり、調和がとれていないことをしていると自然界は必ずバランスを取ろうという働きが起こってしまうことは避けられません。

私たちは地球の上に住まわせていただいてます。そして地球も私たちと同じように呼吸し、生きています。

私たちはあたりまえの日々の中で、どれほどまでの恵みに囲まれているか、こういう出来事があったときに改めて思い知らされます。

そしてこういう時だからこそ、私たちは大自然の恵みに愛と感謝の念を送り続けることが大地の浄化作用を鎮めることにつながるのではなないかと思っています。

スポンサードリンク

では、こんな事態が起きた時、私たちはいったいどうしたらいいのでしょうか。

備蓄を急いで買いに行く、物を棚から下ろしたり、いろいろやらないといけないことは出てくるかもしれませんが、それよりもまっさきにする必要があることは「心を落ち着けること」です。

もちろん災害が起きたり、何か思いもかけない出来事が起きた時、その状況に対して不安や恐怖の気持ちが深いレベルから起きてしまうのは人間の生存本能として当然のことです。その気持ちを拒否することは難しいことですし、逆にポジティブ思考になろうという方が無茶な話です。

けれどもしっかりと現実を受け止めて、そこから何ができるのか、「恐れや不安」にフォーカスしたまま動きまわるのか、それとも心をできるだけ落ち着けて「愛と安心」にフォーカスして直感に従って行動するか。

この二つのどちらかを選択するかによって次なる展開が変わっていきます。

緊急事態の時に、そんなことしてる暇なんてありませんよ、と思われるかもしれません。けれども、不安や恐れの状態では思考や判断力が鈍ってしまい、適切なる行動がとれなくなってしまう場合があります。

こういう時だからこそ心を落ち着けて、冷静になって気持ちを整えて、「直感力」や「五感」を研ぎ澄ませ、適切な判断で行動していくことがとても大切になってきます。

最悪な状況下においても、心の持ち方、心のあり方を少し変えるだけで、解決の糸口が見つかります。

恐れからの行動ではその道はいずれふさがれてしまいます。愛と安心感にできるだけ意識をフォーカスする。
そうすることで可能性の道が広がっていき、目に見えない大きな力に導かれて、何をどうすればいいのかを直感でキャッチでき、それを瞬時に行動へと移すことができるようになります。

Step2)深呼吸をする。

まず、すぐしていただきたいことは、深呼吸です。深呼吸は1秒あればすぐできます。どんなに忙しくても、どんな事態が起きていたとしても、一瞬でも深呼吸をすれば、脳へ酸素が送り込まれ思考が明晰になり、いい判断ができやすくなります。

浅い呼吸では脳に酸素が十分いきわたらないので、脳内の回路がブロックされ、間違った判断で物事をすすめていき、ますます状況が悪化してしまうということになりかねません。

鼻からゆっくり息を吸って、口からゆっくり吐き出していく。これをしばらく続けて全身の緊張をときほぐしてみてください。

神経がはりつめすぎて、リラックスできない状態の場合は体全身をブルブルふってみたり、全身に力をぎゅっといれてみて解放してみたり、ジャンプをしてみたり、逆立ちしてみたり、前屈で頭を下におろしたり、ダウンドッグ(ヨガのポーズ)などして頭の血液のめぐりをよくすることによって、体の緊張がほぐれ、自然に呼吸ができるようになってくるでしょう。

まずは、深呼吸をして全身をリラックスさせましょう。

Step3)コトバの力で状況を変える。

もうだめだ、と言った瞬間にダメな状況へと流れていくのはよくある話です。それよりも、「まだ大丈夫だ」と自分に言い聞かせることによって、脳の回路があらゆる方法で大丈夫になるための状況や方法を見つけてきてくれます。

私たち日本人は言霊といって「言葉の力」のパワーについてDNAレベル、潜在意識でそれを知っています。言葉はエネルギーを放ちあらゆるものにつながって振動していきます。そしてその振動は人の心やその土地の振動数とまじりあい、エネルギーを作り出していきます。

ひとりひとりが言葉の使い方を意識し、それぞれが自分の波動、出しているエネルギーを高めることで、それに見合った振動数の状況を引き寄せることができます。

コトバは一瞬で「モノやコト」を貫くパワーがあります。

「ありがとうございます。」このコトバの振動数は自然界の純粋な波動と同調することができ、唱え続けることによって、信じられないくらいのパワーを呼び込むことができます。

あたりまえすぎて、忘れてしまいがちですが、こういう状況のときこそ、心の中ですべての恵み、生かされている奇跡に「ありがとうございます」を唱えてみてください。必ずいい方向へと導かれるはずです。

Step4)不安な気持ちを書き出す。

それでもまだ緊張がほぐれないという場合は、紙とペンを用意し、今の自分の正直な気持ち、心の中の不安の感情ををすべて紙に書き出すことことをおすすめします。

書くことで、いろんな感情が解き放たれ、何をしていけばいいのかが見えてきます。頭の中でぐるぐる考えていても解決策は見つかりませんが、書き出すことで具体的な方法が見つかり、何をしていけばいいのかが明確になっていきます。

今の状況から何ができるのか、そしてどうすれば心地のいい環境を作り出せるのか、優先順位を決めて書いていくのもいいかと思います。


Step5)大地に愛と感謝を送り続ける。

災害が起きたら、精神的なダメージははかりしれません。「なんでこうなるの?」「どうしたらいいの?」と途方にくれるかもしれません。

こういう自然災害が起きたときにこそ、私たちは大地に敬意を払い、今ここに生かされている奇跡に感謝する必要があります。

自分のことばかり考えてはいないか?あふれる自然界のすべての恵みに感謝を忘れていないか?私たちは一人では生きてはいけません。人々や自然や宇宙や目に見えないあらゆる大いなるものたちに支えながら、生かされているのです。

まずは大地の浄化作用を鎮めるためには、「愛と感謝」の念を大地へ送り続けることです。

私たちの「念」は光のスピードよりも速く、一瞬で地球の中心、裏側まで届きます。

この5つのステップをぜひやってみてください。

下の動画の音源をご視聴いただいても心を落ち着けると思いますので、ぜひご覧ください。

今週の動画はネイティブアメリカンの笛で演奏してみました。この笛は10年以上前にハワイ島で出会った友達からいただいたもので、その人がアメリカの砂漠を歩いて道に迷ったときに、突然現れた不思議なネイティブアメリカンのおばあさんからいただいたものらしいです。魂の根源につながるこの笛の波動を今週はシェアしたいと思います。

This weekly video  I uploaded on Youtube.This time I recorded Native American flute which I received from one of my friend who was in Big Island over 10 years ago. He told me that he also received this flute from Native American old woman when he got lost on his way during walking across the American continent.
I hope you enjoy this video:)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Leave a Reply

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.