ハワイ島で思いがけない展開。unexpected happening.

「I Knew  you would come」あなたがここへくるの知ってたわよ。

とビッグスマイルとつぶらな瞳で彼女は満足げにそう言った。

「Incredible….Actually , I saw you were  in my dream!!・・・信じられません・・・実は私もあなたのこと知ってますよ。あなたが夢に出てきたんです!!満月の夜、火山の火口の前で日本人の仲間たちと歌を歌って儀式をしていたんですよ!!すごく不思議な夢でした。」

夢の中のリアルな光景を思い浮かべながら彼女にそう伝えると、

彼女はただ

「Yes」とはにかみ笑顔でにっこり笑った。

「My Name is AKA」

(私の名前はアカ)

「AKA?」

 

「YES, AKA means ” red” in Japanese right?」(”アカ”は日本語で赤でしょ?)

 

「はい、そうですよ。よく知ってますね。私の名前はナオコです。でもRUKAとも呼ばれていますので、どっちの名前で呼んでもらってもいいですよ。」

 

「RUKA」そっちの名前の方が覚えやすいわね。」

 

そう言うと、海から重たいカラダを両手で押し上げて陸に上がり、髪の毛をひとつに束ねながら、
「Come here」
(こっちへきなさい)と言った。

アカはカラダをゆっさゆっささせながら、大きな木の下にある小さなテーブルの方へ向かった。どうやらそこが彼女の定位置のようだった。

彼女のまわりには地元のハワイアンたちが集まり、みんな陽気な笑顔で彼女に話かけている。テーブルの横にはダンボールが置いてあり、その中に竹の筒のようなものが何本か立てて入っているのが見えた。

アカは私にこっちに来なさいと言ったものの、彼女のところには次から次へといろんな人が話かけにくるので、私と会話できる状態ではなかった。

でも、待っている間、海をただぼーっと眺めているだけでも心が洗われていくのがわかった。

 

「あぁ〜ここはハワイ島なんだぁなぁ・・・。」ハワイ独特の甘い香り。そして鳥たちのさえず

 

りがさらにハワイの景色を色濃くしてくれる。

 

やっと自分がハワイ島にきている感覚がしてきた。


この場所はまさにゆったりした時間が流れるハワイアンタイムであった。

日本の駅で待たせられるのと、この場所で待たされるのとでは、全然別次元だと思った。

ゆるやかに流れる時間の中でアカは彼らと会話を終えるとテーブルの下から竹筒を取り出して海に向かって吹き出した。

 

「プオォオォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

まるで船の汽笛のような音で鳴り響いた。
「プオォオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

何回吹いていたかは覚えていない。
ただ、すごく心地のよい音がその場所に鳴り響いていた。

「RUKA、Come here」(ルカ、こっちにきなさい)

 

彼女に呼ばれたので彼女のそばへ行くと、

「これはねポウと呼ぶのよ」

アカは吹いていた竹筒を私の足元からスキャニングするかのように頭頂まで向かって吹きはじめた。

目を閉じてその音の響きをカラダに感じていると、ひとつひとつの細胞がぶるぶる震えて、全身が振動しているみたいに、掃除されているような、不思議な感覚だった。そして頭の中が真っ白になっていた。

 

「プオォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

 

「はい、後ろも向いて」

 

今度は私のカラダの背面を足元から頭のてっぺんまでふきかけた。

 

「プォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

それが終わった頃、白人の女性がアカに話かけてきていた。どうやら彼女もそれをやってもらいたいと言っているようだった。アカは彼女にちょっと後でやるから少し待っててと言うと私の方に向かって座った。

 

「さぁ、夢を叶えましょう。あなたの仲間はいつくるの?」

アカはヨレヨレのメモ帳を取り出して、ペラペラめくっていた。

つづく・・・

 

スポンサードリンク

”I knew you would come”

Aka said to me with her big smile.

” Incredible… Actually I saw you were in my dream!!..” I said to AKA.  

“I have known you too. It was a full moon and we were having a very sacred  ceremony with my Japanese group and you were in the middle of our group  standing in front of the Kilauea volcano.It was magical incredible moment but it was just a  dream “

I told her my dream what it was and what it looked like as clear as possible. 

Aka was just whispering said

“Yes”

with her friendly smile.

“By the way, My name is AKA”

“AKA?” I thought.

 “Yes I know “Aka” means”Red”in Japanese right? “
said Aka.

“Yes, that is right. You know really well. My name is Naoko but some people call me Ruka as my nick name.”

“Ruka “it is easy to remember for me said Aka.. She catches the wave,holding the rock and pulled her big body out of the water. She was putting her hair together said

“Come here”

She was walking towards the table which seems her favorite place under the tree.  

There were always surrounded with local people chatting with Aka. They looked all happy talking with Aka. I could see 
the cardboard box underneath the table. There were some bamboo flute in the box.

Aka said to me “Come here”
but there were people asking her questions and talking  to her all the time and it seemed not much time to spend time with me.

But It was ok for me.I didn’t care about how much it would take.

I was just so happy viewing beautiful ocean landscape of Hawaii.I felt I was cleansed.

“Oh my goodness, Here I am in beautiful Hawaii”
I couldn’t believe it.

Plumeria is one of the most fragrant Hawaiian flowers which smells so good , birds singing which made us feel more colorful of this Island.

I was dreaming I thought.
The Hawaiian time was very slowly goes by.

If I was waiting for someone at the station in Japan, it is totally  different story.lol

When I think about city in Japan, Hawaii is such a peaceful place I thought.

Aka had just finished  conversation with other people and she grab the bamboo things and started to blow.

“Pooooooooooooooooooooou”

It sounded like a whistle signals on the ship.

“Poooooooooooooooooooou”

I didn’t count how many times she was blowing .It was very comfortable sound spreading all around.

“Ruka come here”Aka explained about the bamboo things.

”This is called “Pou”

and Aka started to blow towards me from head to toes.
 I felt like I was scanning or cleansing or something..

When I closed my eyes and listing to the sound made me feel so vibrate to all cells of my body. I blew my mind. Think nothing anymore…

‘Poooooooooooooooou’

“Ok turn around” Aka said.

She was blowing  me from head to toes with  the POU.

One of the lady  came and asked Aka that she wants to take her sound.

Aka said to her “later”
and she sat down on the chair and asking me 

“Lets make your dreams come e true. When is your friends coming over ?”

She wrote it out on the wrinkled memo notebook.

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Leave a Reply

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.